この記事は約 5 分で読めます ( 約 2930 文字 )

疑問を抱いたり、文句を言っている人たち

定期的にこういうツイートが流れてきて、疑問を抱いている人が多いけれど、このパターンはSEO対策には継続が大事という良い例であり、サイトの歴史を調べてみるとおもしろかったので記事にしてみた。


グーグルの検索順位を決める要因って最初は被リンクの1つだけだったみたいだけど、現在は要因としている要素を含めるとうん百種類から構成されてるって言われている。

.
①「筋トレ」というテキストを含んだ被リンクで100ポイント
②「筋トレ」という検索キーワードでサイトに訪れて完結した場合:1ポイント
③「筋トレ」という検索キーワードで再度同じサイトに訪れた場合:1ポイント

んで、例えば、そのアルゴリズムの要因が上記の3つしかなくポイント制だったとする。

この仕様だと、筋トレに関する有益な情報サイト(A)を作り、別サイトから被リンク(1件)されて1位になったとしても、別サイト(B)に大勢の人が訪れて2~3の要因で100ポイントを上回ったら、グーグルは後者のサイトを有益なサイトと見なし、検索順位を入れ替えてしまうこともある。

んで、アフィリエイターと違ってアフィカスってのは升みたく悪知恵が働くから、グーグルのアルゴリズムの裏をついて意図的に検索上位に表示させようとする。あとネットの世界って(サイト構造・サービス、端末、通信速度等)が目まぐるしい速さで変化していく。

んなもんで、グーグルは色々な条件をつけていて、例えば、被リンクしたサイトのジャンルだったり、ドメインパワーだったり、前後にどういったキーワードを絡めてリンクされたのだとか、リンクから飛んできたユーザーがどういった行動を取ったかで加算されるポイントが変化してくるんだ。ときに重要だった要因をないがしろにすることもある。

滞在時間だって、「滞在時間は長いほうがいい」「回遊率が高いほうがいい」なんて言われてるけど、滞在時間10秒+文字数3行+直帰率100%だったとしても、ユーザーがそのページを見て解決してしまったらポイントは加算されるんだ。文字数や共起語も重要だけど、検索してくる内容によっては3行でユーザーを満足させることも可能だからである。

アルゴリズム 妄想

今、書いた仕様はただのわしの妄想のほんの1µmで、最近の妄想ではポイントがマイナスされることがあったり、集計期間があってそのスパンが短くなったと感じてる。さらに、最初に検索順位を決める要因としている要素ってうん百種類で構成されてると書いたけど、実際はもっと存在するのではないかと考えている。

んで、なにが言いたいのかというと、グーグルは検索ユーザーが求めているコンテンツを掲載したサイトを上位に表示させたいんだ。エキサイトやヤフーとシェアの奪いあいをしてるときにそう言ってたんだ。(古い動画で見た)

だから、ネトゲの運営のメンテナンスと同じでGのアップデートは延々と繰り返される。なぜなら、毎回チートをするユーザーがいたり、仕様に納得しないユーザーがでてくるからだ。アップデートで筋トレ占いのサイトを下げることは可能だろうけど、その仕様にすると、恐らく今より検索順位の結果がおかしくなると考えられる。個人的にもホワイト+新規ドメインでも戦える仕様のほうが嬉しい。

星占い等テキストコンテンツサイト(筋トレ)

筋トレ占いのサイトは、確かに筋肉をつけたい人やダイエットをしたい人には役立たないサイトかもしれないが、アルゴリズムを決定する要因の総合点を算出すると他のサイトより勝ってるから上位なんだ。その詳細な要素がなんのかはグーグルにしか分からないが、筋トレとぐぐって満足している人が多くいることは事実なんだ。

ざっと調べただけでこの人はブログやYoutubeが世にでる前から、titleタグに「筋トレ」を噛ませて占いサイトを運営してる。サイトにキリ番+WEB拍手+強制的に流れるMIDIを搭載されている時代から続けてるんだ。サイト齢だけ見ると古株ぶったアフィリエイターのサイトより一回りも年上。その間にメッセンジャー、ジオシティーズなど色々なサービスが終了したけど、ずっと続けてきている。この辺りから続いてる個人サイトってわしは数えるほどしかしらんぞ。

星占い等テキストコンテンツサイト(筋トレ)

んで、みんなリアルだと元旦は神社におみくじ引いて運勢を確認するけれど、元旦にネットでは「筋トレ」の検索数が急上昇するようだ。これは筋トレのサイトの星占いの結果を確認する人が多いからだそうで。さらに、この占いは1年に一回だけじゃなくて、毎日、毎週続けていて口コミでの評価も高いんだ。その結果、「筋トレ」のサジェストには、常に「占い」「石井ゆかり2019」「石井ゆかり 今日」がランクインしている状態となった。

ツイッターだってフォロワーが30万にいるんだ。わしもツイッターを始めたから分かるけど、フォロワー30万ってちょっとした有名人でも到達できない戦闘力なんだ。なにかを努力し続けて大成したり、その人自身やスキルに惹かれるものがなかったら、とこんな影響力のある人にはなれない。

なかやまきんに君

2番手と言われてるなかやまきんに君だって、運営者がどんな体をしているかもわからないサイトと違って、己の体を晒して筋トレの情報を紹介している。記事の内容だってその辺りのアフィカスと違って分かりやすくて丁寧。また読みたいってブクマに入れてしまうほど親切で謙虚なスタイルをとっている。

サイトや芸だけじゃなくSNSもYOUTUBEもすべて筋肉をからめている。最近では、低姿勢で年下の筋肉系ユーチューバーとコラボしたりしている。ああこの人は脳も筋肉でできていて、筋肉に詳しくて+筋肉が好きなんだってわしでも分かる。IQ:1のわしが分かるってことはグーグルも見抜いてるんだ。なにか資格を取得したりしてE-A-Tを高めてるのではなく、自らの体やWEB上のサービスを使ってE-A-Tという要素を高めてる。

.

まとめ

ブログサービスも始まっていない2000年から「筋トレ」という占いサイトを運営。ただの占いサイトではなく、占いがすごく当たると定評があり。さらに各星座占いの結果を毎日・毎週行っており、毎日占いを見に来る人が殺到。元々ライター志望だったり、書籍もだしているだけあって文章が好きという人も多い。

さらには検索結果から来たユーザーは筋トレの占いのサイトで完結+リピートユーザーが続出していることから、筋トレの検索の候補一覧に「占い」や「石井ゆかり」が選ばれている状態。これはSEO的にもポイントがタカスクリニック。サジェストに表示されているということはかなりの利用者がいると思われる。

わしはここまで継続できないし体を張ってもいない。いい勉強になった。わしも「クレジットカード」と紐付ける占いサイトを作る!毎日全員大吉!おわり