この記事は約 2 分で読めます ( 約 778 文字 )

楽天アフィリエイト 新制度の売上 比較

従来制度(~3月31日)

@料率:1%
@上限:無限
@クッキー期間:1ヶ月
まあ、お馴染みだった従来の仕様である。アフィリエイトリンクをクリックさせて一ヶ月以内に楽天市場から何か商品を購入すれば紹介料が入ってきたので、容易に売上が発生する仕組みだった。Amazonと違ってクッキー有効期限が長いものの、料率が1%だったのがネックであった。
算盤を弾くのが面倒だからざっとまとめると、1日500クリックあれば売上件数は30以上になっていた。
.

楽天アフィリエイト 新制度の売上 比較

新制度(4月1日~)

@料率:2%~8%
@上限:1,000ポイント(1商品1個の売上)
@クッキー期間:1日(カゴに入った商品は89日)
@購入された商品情報が追加
クッキー期間が実質1日になってAmazonに近い仕様となっているから、ラッキークッキー歯茎でアフィリエイトやってたサイトにはきつい仕様だ。スーパーセールを予想してた上位サイトもかわいそうにくたばったやろうな。
1日の売上件数は半減してしまったが、料率が2~8%にうpしたので、成果報酬が下がることはなかった。売れている商品は工具や掃除機・掃除機に関連した商品でサイトで紹介している商品のジャンルがちゃんと売れている感じ。ちなみにうちの料率はDIY:4%、生活家電:2%なのでAmazonと同じ。コスメやファッションは料率が5~8%だから、以前の仕様より成果報酬が上がったサイトもいるんじゃないかな。
あと、「買い物カゴ」に入った商品のクッキー有効期限は3ヶ月だから、今後、売上件数が少し伸びる可能性もある。ただ、個人的にあとで買いたい商品って「買い物カゴ」に追加せずに「お気に入り」に登録するから、あまり過度な期待はしていない。いやはや、しかし、うまくいけば密林の報酬(1日5桁前後)に匹敵すると思っていたんだが、誰だよ「楽天の新制度で収益は上がる」とか抜かしてたのわ。