この記事は約 3 分で読めます ( 約 1265 文字 )

マルチディスプレイにするまき

ブロガーやアフィリエイターのデスクワークを見ているとマルチディスプレイにしている人が多いので、わしも意識を高めるため「クアッドディスプレイ(4画面)」にした。とはいっても、外界の時事ネタは常に把握しておきたいので、1つはTVモニターを配置することに。

意識は高いがレベルが低い

マルチディスプレイのメリット

メリットは文章を作成するときやデータ入力するときに、別画面に公式ページやPDFなどを表示させて、それを参照しながら更新できるので作業が捗る。昨日のあげた週間収支日記なんていつもの半分の時間くらいで数値を入力できた。

その他に、フォトショップやプレミアのような画像や動画を編集するソフトや、SNS&Youtubeなどのソーシャルサービス。そして、ネット上のHOTな情報が集まる2chやハテブのようなよく見るサイトを常に別画面で表示できるので、タブの切り替えに手間がかからないメリットもあった。

人によるかもしれないが自分の場合は、ツイッターのタイムラインを眺めるだけになった。メイン画面でタブを切り替えてツイッター見てたときは、そのままサーフィンしてしまったり、つぶやいたりして時間をとられていた。つべなんか見だすともっと時間を奪われてたなー。

マルチディスプレイ 配置

個人的に見やすい配置

これは人やモニターのインチによるかもしれないが、メインモニターは自分の正面に設置したほうがよかった。特にゲームしてるときに感じたが真正面にモニターがないとやりにくいのだ。例えばモニターを4枚並べるとき2列に配置するより、メインモニターが中央になるように3列に配置させたほうが見やすい。モニターを2枚にする場合なら、自分ならメインモニターの上にサブモニターを配置させるだろう。

メインモニタでボンバーマンをするバカ

「これでわしもアフィの作業が捗るわいな!」と思ったが、わしの脳はメインモニターで「死んだら次の試合まで参加できないゲーム」を操縦しだした。そして、真っ先に敵がいるところに突っ込んで死んで、次のゲームがはじまって復活するまで、サブの画面で文章を書くという。玉に運がのっていれば動画のように1~3人は倒せるが、いつも自分の手榴弾で死ぬから味方にとっては地雷のような存在だ。

最近のドンパチは荒野行動のようなTPSバトルロイヤルゲームが流行っているようなので、またPCを買い換えたら挑戦したいと思う。現在のPCは下のようなスペックだから、最近のゲームをヌルヌル動かすのは難しく、前プレイしてたStarWarsも少しきつかった。

マルチディスプレイに関してはこのスペックでもカクカクするような重さは1gも感じなかった。アフィリエイトやってるなら、2画面でもいいのでおすすめしたい。

OS:win7
CPU:i5-3570K
GPU:GeForce GTX 650 Ti
メモリ:16GB