【猫の日】猫と肉の線引

猫の日(2020年2月22日土曜日)ひとりごと

猫の日(2020年2月22日土曜日)

猫の写真を撮る巻(猫の日)

猫の日だったから一緒に家でひきこもっている猫の写真をまじまじと撮るまき。珍しくマニュアルモードでファインダーを覗きながら撮った。最近、急に老眼がきたのか、近くにあるものに目のピントが合わせられなくなったり、薄暗い場所にあるものが見えにくくなったりと露出補正が効かなくなってきた。

猫を飼ったのは掃除機サイトに訪れるユーザーでペットの毛で悩んでいる人が多かったうえ、なんといってもいるだけで癒やされるほどかわいいからだ。そんなこんなで猫の種類は抜け毛の女王「ノルウェージャンフォレストキャット」だが、猫もよく見るとみんな顔が違うし、同じ柄の猫でも模様の入り方が全然違って個性的なのだ。

生まれてすぐ殺されるオスひよこ

ヒヨコシュレッダー※閲覧注意

四足歩行やモフモフした生き物が同じ猫に見えてくる( 洗脳・搾取・猫の巻)

んなもので、自分好みの猫を世間から批判されてるペットショップから金で買ったゲスなのだが、子供のように愛情をかけて育ていると、猫と同じ四足歩行やモフモフした生き物が全て家と同じ猫に見えてくるようになったという。

例えば、出荷されるため蹴られながらトラックに押し詰められる豚、屠畜場で電気ショックで気絶させられる牛、雄という理由で生まれてすぐに卵の殻と一緒にシュレッダーで粉砕されるヒヨコの動画を見ても、以前とは心の痛み方が変わってきた。

コンビニにネズミが大量発生したニュースを見たときも「ネズミよ外界人に目に物見せてやってくれ!」と応援してた。

なんで、牛や豚だって犬や猫と同じ様に頭が良くて恐怖や不安も感じるのになぜ殺されて丼にされて食べられないといけないのか。猫信者は猫と同じ様に愛情をかけて子育てするネズミを保護して去勢・避妊して神としてあがめないのだろうか。

そんな疑問を抱きながら+鶏の唐揚げを食べながらわしはブログを書いている。肉を食べたいからわしも猫も肉を食べるのだ。

ヴィーガン

人それぞれ猫と肉の線引が違う巻

そういやベジタリアンの中にも色々な種族がいて、中には動物が殺されるのが可愛そうだから、卵やチーズを含む動物性食品を食べない種族もいるようだ。

このタイプの種族は5chでは嫌われているようだが、おそらく多くの生物が猫のようなかわいいものに見えるのだろう。

食べ物になるものが痛みを感じるかどうかではなく、人それぞれ猫と肉の線引するとこが違うと考えたほうが、個人的にしっくりできるし共感しやすい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました