この記事は約 2 分で読めます ( 約 1185 文字 )

動画なのに分かりやすい!商品やサービスの説明なんてつべでよくね?

TLに流れてきたもふもふ不動産の有料note(Youtube SEOの実践例~開始2か月でチャンネル登録数4000突破)。偶然わしはこの人の不動産動画を最初の方から見てたんだけど、見た目と相反して丁寧な言葉でモニタを使いながら分かりやすく説明してくれるから好印象。実際にチャンネル登録数も数ヶ月でナッパくらいの戦闘力に上昇していた。

んで、感心したと同時に恐怖を感じたのを覚えてる。その辺のユーチューバーと違って情報の質が高いから「WEBサイトの情報いらなくね?」って思った。実際にわし自身も検索の仕方が変わってきていて、気になる商品のレビュー記事なんてグーグルで検索しなくなった。ブログやWEBサイトの商品情報なんてほとんど見なくなり、SNSやYoutubeで情報を見て総合的に判断するようになった。

特化チャンネルが続々と増えている

んで、おれがアフィリエイトを始めた頃は、DIYや掃除機の動画なんてあるにはあったんだけど、本格的に紹介してる動画なんてあまりなかった。でも今は、DIY専門のチャンネルや家電専門のチャンネルが存在したり、大手電機メーカーの掃除機を有名ユーチュバーがこぞって紹介するようになったりもした。中にはわしのような個人が騒音値まで比較したり、通販番組のように硬貨を吸い取るような動画も増えてきている。

Youtube 検索結果(ファーストビュー)

ようつべが検索結果のファーストビューに食い込むまき

わしは最初からユーチューバーとかするつもりなかったし、youtubeにあげてる動画ってサイトの説明用であげてる感じだからユーチューバーを競合と見てなかった。しかし最近、グーグルの検索結果の1位と6位くらいにYoutubeの動画が噛んでくるようになり、つべ自体が競合になることが増えてきた。

まあ何を自己顕示欲したかったのかというと、今は情報を文字から収集せずに動画を視聴して収集する人が増えているから、これからはアフィで得たノウハウを利用して、Youtubeにも動画あげないと取りこぼすかもしれんねって話しですた。ちなみに掃除機の場合、説明書に書いてるような内容の動画や、ゴミを吸い取る動画が再生数が高くなる傾向があるようで。

真面目に作った動画はいつも2桁です。がんばりましょう