この記事は約 1 分で読めます ( 約 551 文字 )

アカハライモリ

トカゲを買おうと思ったけど温度管理が難しそうだったから、誰でも簡単に育てられそうなアカハライモリとやらを楽天市場で購入した。価格は1匹400円ほど。

超端的にまとめると水に放り込んで餌をあたえておけば20年ほど生きるらしい。こんなに小さいのにわしや猫より長生きするかもしれない生命力に驚く。

アカハライモリの顔

シン・ゴジラで最初こんなんのがでてきてズッコケたよな。”ゴジラがでてくるところまではよかった”

アカハライモリの顔

袋からだしたところ。実は面をあわせたのは2回目。小学生の頃に友達と行ったこともない山奥にクワガタを捕りに行ったら用水路があって、その用水路の底に溜まった落ち葉をはぐるとこいつら現れたという。水はすごく澄んでいて流れはなかったことから、綺麗な場所にしか生息しないのやもしれぬ。

アカハライモリの再生力

wiki読んでると驚くほど再生力が高いらしい。例えばシッポや腕をぶった切っても骨まで再生するらしい。さらに目のレンズも再生できるようで。ピッコロか

ピッコロ 再生

アカハライモリ お腹

お腹は黒と赤のまだら模様。黒地の生地にハイターを垂らしたような柄をしてる。基本的にこういう模様をした生き物は毒を持っていてアカハライモリも毒を持っているらしい。なので、天敵に襲われたらお腹を見せてひっくり返るらしい。触るとかなり嫌がってたからストレスがかかるのやもしれぬ。

イモリの主食

イモリの主食をあたえます。