この記事は約 4 分で読めます ( 約 2008 文字 )

資格は無意味?1

例えば、国家試験に合格して臨床研修医として経験を積んで医師になったとしても、病気に関したサイトのコンテンツがゴミだったら下位のままだし、コンテンツが優良だとしても上位にくいこめないのが現状。似たような話を以前からツイッターで目にしていて、資格を取ったり、プロになったからと言ってグーグルが重要視している権威性が高まるとは思っていなかった。

本名をだそうが顔出ししようが、本当に本物の●●だろうが、グーグルのAIはその人が本当に●●なのか見抜けない。逆にそんなことで●●だと判定してくれるなら、簡単にグーグルを騙すことができるため、本物=権威性とは思っていなくて、そんなことよりツイッターのようなSNSやつべなどで、特化した情報提供し続けるほうが大事だと思っていたけれど…
「NHK」で増えて「ぶっ壊す」で倍になる立花孝志
「対して、コア アルゴリズムは、何百もある Baby Algorithm の集まりですから、何か 1 つをやれば対処できるというものではありません。」
海外SEO情報ブログから

多くの人を動かせる影響力

だがしかし、今回のアップデートは重要視されてるものがこれまでのものと明らかに違い、それが検索結果に現れ利便性が失われている。サイトのジャンルに関したキーワードでどれだけ人を動かせるくらいかが一番重要視されるのかなー。例えば、今「NHKぶっこわす」と言ったら、誰もが立花孝志の顔が思い浮かぶくらい有名だし、あの人ならNHKに関連した動画や記事を作成したり、ツイートしたりすると多くのアクセスを集めることができるし、シェアされて拡散されたりする。

だとすると、万人が●●と言えばこのサイトとぐぐるくらい有名にならなければいけないし、ジャンルに関したことを言及すると多くのアクセスを集めたり、シェアされたりするほど影響力や求心力が必要になる。この仕様だと大手企業やよっぽどの陽キャじゃないと権威性を高めることができないから、物販の特化でこの先生き残ることは難しい。

どうあがいてもM社やD社と言ったら「わしのサイト」とはならぬし、この商材で囲いつくることも難しい。渋谷スクランブル交差点でルンバを走らせたり、ダイソンのコードレス持って山口組と神戸山口組の事務所の前を掃除してどうなるのか比較するようなコンテンツを提供し続ければワンチャンあるが、わしの命を吸い取られかねん。

ちなみに、「筋トレ」の一位は今も占いサイトが鎮座。

ドMが検証する必要

YMYLやEATの影響が及ばないジャンルに逃げることもできるけど、今重量級の複合キーワードで大手が上位に鎮座していることに納得がいかないうえ、ペライチと違って年数かけて作ったサイトだから簡単に捨てられない愛着と強者と対戦をしたい気持ちもある。

今、購買意欲高めのキーワードで上位にいる要因が、EATによるものなのか、オリジナルとして見られてるのか分からないが、後者だとしたら、いずれ順位が変わってくるところもでてくるはずだから、長い期間とやらがどれくらいを指すのか分からないが、それまで耐え続けて人柱になる必要がある。

わしのサイトをシェアしてくれる人もいるけれど、わしが思い描いているサイトとしては完成していないうえ、数年前の記事なんて今見直すとゴミばかり。時がくるまでにサイトを修正しながら更新し続けたい。

グーグル ブログ検索

修正がはいるわんちゃん

あ、あとはコアアルゴリズムの修正を期待している。愚痴はあまり書きたくないが、これまで(グーグル=オレ)とグーグルとわしの考えは一致していたと妄想してきたが、今回のアップデートでは考えがズレてしまった。

また、今回のアップデートで前線で戦っている特化サイトのアフィリエイターが撃沈マークつけられているので、不満を抱いている人も多いのではなかろうか。

その他に、一般ユーザーが今の検索結果が快適に思っているのかも疑問である。ジャンルによって経験をベースにした記事が探しにくくなったし、せめて昔グーグルやヤフーにあったような個人が書いたブログ検索がほしい。