この記事は約 1 分で読めます ( 約 516 文字 )

この記事の最終更新日は 2014年11月11日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

koteipagekurina

フリーズ

レビュー記事の場合は、文字数を2,000~3,000文字であればスムーズに盛れるが、サイトのページを作りだすと、とたんに指が止まる。
今回作っているサイトは、検索から人がくるとしたら、主婦層が多いはずだから、分かりやすい説明の文章にするように心がけている。
1見出しに、文章を8行以内に収めるようにもしてる。

流し読みするな

おれは流し読みするから、最近、読みやすいと思ったニュース記事やブログ記事を1日1つだけ丸写しするようにしている。
ノートに書き写したほうがいいんだろうが、さすがに面倒くさいから、winのメモ張に読みながらブラインドタッチ。
前にも書いた記憶があるが、やっぱり文章には教養のなさがでる。

tikusyouoregaatamarugar
papaburari

昔の文豪と呼ばれる人たちは、図書館にこもって名作と呼ばれる本を何冊も何冊も丸写ししたらしい
書き写す中で文の呼吸だとか単語の使い方だとかを自然に学んでいくそうな
いざ自分で書くときに個性がなくなるとか言うかもしれんが、もちろんいろんな作品を模写するから誰か一人の個性に染まることはないはずだし、完全に真似しても出る癖こそが自分の個性だと思え
絵も同じ

「間抜けで気持ちの悪い文章」を書くために知っておかなければいけない6つのテクニック