「競合排除」メッセージの中に入れなければいけない要素

未分類

頭に入っている日本語が少ない場合

前に形容詞を使うときは具体的に表現したほうが客の心が動くって記事を書いたけど、おれみたいな学のないカスは、この涼しい服を着て「渓流にいるような涼しさを感じる服」「裸でいるより涼しい服」みたいな、ジャパネットタカタの社長が使うような言葉がパッとでてこない。

kudho2
http://review.rakuten.co.jp/item/1/206019_10000110/1j4t-hzxgy-h3os1z_1_144178801/?l2-id=review_PC_il_body_05

必ず商品には競合商品(ライバル)がいる

で、この老害の人のレビュ0老害じゃねえや、年配の人のレビューでは「競合商品」をディスりながら、空調服が涼しいと言っている。「○○も○○も○○試したけど効果がなかったけど●●は違った。」これは、レビューやブログでも自然に使われているけど、この型は客の心が動きやすい1つだと思う。

なんで、もし言葉がでてこないときは、類似商品や競合商品をディスりながら、紹介する商品を勧めるのも手だと思う。どこの市場にも必ず競合商品やライバルはいる。もちろん実際に試してないといけないけど。

競合者を排除するライティング

少し前に、道民の高橋さんも似たようなこと言ってた。で、ブラックキャップの記事でも意識して取り入れた記憶がある。これは良かった。来年はハッカ油スプレーとブラックキャップで防御したいと思う。ちなみにこのたまにしか更新しない糞ブログは相変わらずヨーグルトメーカーと目覚まし時計しか売れない。

kudho2

コメント

タイトルとURLをコピーしました