この記事は約 1 分で読めます ( 約 540 文字 )

次世代通信「5G」はひきこもりに優しい?

8月29日に密林から6月度の紹介料[約315k(源泉徴収-約20k)]が振り込まれたので、家に10万ペリカを献上したでござる。

今日は下ろしてもらったお金をスマホで撮影。わしもいっちょ前にスマホで写真が撮れるようになったのだ。これでUSJに行ったときに「写真撮ってください!」と頼まれても安心だぞい。謹んでビューティーをマイナスにして撮ってやるわいな。

あとは万が一のときのために「スマホ決済」もできるようにしないとな。最近の外界人はスマホで支払いをするのが一般的となり、現金で買い物してると老害あつかいされると5chで見たしやな。まあこれはコンビニのレジが無人化されてから試すか。

でも、無人化の未来が来たら商品を持ってゲートをくぐるだけで、スマホ上で決済が完了するらしいから、わざわざレジでスマホかざす必要もなくなるのか。そのうち、スマホひとつで無人のタクシーやヤマトが家の前までやって来るらしいぞい。

ラグのなくなる5G実装はひきこもりにとって優しい時代になりそうだが、動画の時代が加速するとWEBサイトやブログのアクセス、そして収益に響きそうで怖いな。収益化できるチャンネルを持つのは当然のこと、つべから集客しないと駄目になるのやもしれぬ。