この記事は約 2 分で読めます ( 約 921 文字 )

この記事の最終更新日は 2014年5月14日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

2014-5-13report

アクセス

1278UU/2779PV

収益

1376円位

2014-5-13report1


騒音測定器 – Sound Meter

pageわける

クリーナの吸引力と騒音のページを分けた。
レビュー見てるとみんな音も気になるみたいだから、電動工具の音の大きさを測る時に買った計測器で詳細なデーターと自分の感想を付け足しといた。
前もらた楽天ポイントで18Vのクリーナも購入したから、それが届いて動画とデータとったらhtmlファイルをうpしようと思う。
騒音の測り方でぐぐってた時に見つけたんだが、騒音を測ることができるアプリもあるみたいだ。
携帯もってたら計測器買わなくて済んだんや。
 

2014-5-13report2

A8から紹介料が発生する

ふと思い出してA8にログインしてみた。
最近エックスサーバーを借りたときに、自分のブログにエックスサーバーの広告(A8経由)貼ってから登録したから、ちゃんと紹介料が発生してた。
(まだ未確定になってるけど。)

サーバーを選ぶポイント

サーバーのアフィも単価でかくてなかなかうまそうだよな。
このサーバーなら月/10件成約をとっただけで3万になる。

サーバー選ぶときも色々ポイントがあると思うんだけど、やっぱり速度が重要だよな。
前は料金してか見てなかったけど、アクセスが多くなったり売り上げがあがると表示速度が気になる。
多分そういうサイトを運営する人は年/料金なんてあんまり気にしないと思う。

機能やマルチドメインの数とか色々(知識不足で何かわからん)ごちゃごちゃとまとめてる比較ページはたくさんあったけど、速度を数字にしてるサイトはなかったよ。
レンタルサーバーでメジャーなとこ幾つか借りて、糞重たいページやプログラム走らせてるようなページあげて、各サーバーの表示速度のデーター公式が掲載している月の障害情報の数まとめておいたらおもしろいかもしれん。
グーグルアナリティクスでも速度をデーターグラフしてるようなのがあった気がする。

そのデーターの前にサーバーの速度が1秒落ちたらPVとコンバージョンが下がる文章とソースを書いて震え上がらせておく必要があるけどな!
だがしかし競合相手が多いから、一等地にのぼりつめるのは難しいんだろうな。
おれも色々やってみたいけど、昔から1つのことしか集中できないんだよな。