この記事は約 1 分で読めます ( 約 375 文字 )

この記事の最終更新日は 2014年11月27日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

aibo

AIBOの修理サポート終わる。

少し前に2chで見たけど、今朝TVでもやってた。
これはPCが普及する前にSONYが発売した犬型ロボットで、当時衝撃をうけた覚えがある。
このアイボの修理サポートが終わり困っている人たちがいるようだ。

映像で見たが、本当にまだ持ってる人たちがいるんだな。
所持者は年配の人が多く、幼い我が子を見てるかのような感じで接してた。
昔見た、子供を亡くし人形を子供のように育てている人やキャストアウェイのウィルソンを思い出した。
ちなみに、劣化してるのかわからんが、声が「ゆっくり」の声に似てて不覚にも笑ってしまった。

動画の後半ででてきた、ダンスを踊りきれなかった中島さんのアイボ。
まるで、SONYの経営不振をあらわしてるかのようだ。
最後は自力で修理をしてダンスが踊れるようになったが、この直ったアイボのように昔の輝きはもう取り戻せるのか。