2014830amasinnsa

旧FC2ブログでよく質問があるから、こっちに書いた『Amazonアソシエイトの審査に受かる方法』という書きなぐった記事を分かりやすく添削してまとめてみた。おれはあっちのブログを滅多にみないからコメントを書かれても気がつかないんだ。すまんな!

アマゾンアソシエイト料率

Amazonは物販なら口説き落としておきたいASP

物販をやる以上、アソシエイトは口説き落としておきたいASPだ。なぜなら、毎年 Amazonはネット利用されている通販サイトナンバー1位に輝いているモンスターサイトであるし、商品も豊富で紹介料の料率がヤフーショップや楽天市場より上というメリットは大きい。ちなみに、ヤフーや楽天は売り上げに対して1%しか紹介料をくれないのだ。しかし、アマゾンはジャンルによって料率は変わるが2~10倍以上の料率をだしてくれる。また、楽天ショップの破棄率が異常に高いというデメリットも存在する。

膨大なアクセスを稼いでるであろう、2chのまとサイトや大手ガジェット系のトップクラスのブログでも楽天の広告を貼ってるところなんてほとんどない。楽天のクッキーが残る期間は30日、アマゾンのクッキーが残る期間は1日、この数字だけみると楽天のほうが食えそうだが、大手サイトがアマゾンで販売されている商品を左右のカラムにベタベタ貼っているのをみると、料率が2~10倍のアマゾンのほうが稼げることを表しているのではないだろうか。

大手サイトは結果を数字にして広告を貼ってるから信憑性は高い。現におれのサイトの収益を見ればわかるが、同じくらい売り上額があるのに、紹介料には天と地のよう差が開いている。だから、おれはいつも楽天に対して愚痴しか書いてない。三木谷さんおれだけでもいいので料率5%にあげてください。


dannbo-cha77n

アソシエイトは全うなサイトなら承認される。

アソシエイトでは登録情報をきちんと間違いなく記載して、そのアソシエイトIDで買い物をして本人確認がとれていれば審査で承認される。ちなみにネット上にはプロバイダのメールアドレスに変更したら承認されたという記事もあったけど、自分の場合は無料メール(Yahoo)でも審査に承認された。

審査で承認されない場合

おれはあまりの返信スピードで審査を落としてくるカスタマサポートにカッとなって、光の速さで修正して連続で再審査を行なっていたところ、7回目のメール返信内容に異変があった。なんと、7回目のメールには審査に落とされた理由がテンプレに付け加えられていたのだ。スパムのように連続で送信されてくる再審査希望の基地外メールに業を煮やしたのであろう。ワッショイ


審査に落とされる2つの原因

summary

ちなみに審査に落とされた原因がメール本文に付け加えられてたことは2回あった。この原因を知ってから審査に落ちたことはない。以下がメールに記載されていた原因である。これを試して審査に落ちるってことは、審査の基準が厳しい頭の固い人間が判定しているか、本当の糞サイトってことなのかもしれん!

.

問い合わせ先がない

“運用されているサイトには、必ず、管理者様と直接連絡を行うことのできるお問い合わせ先の掲載をお願いいたします。”

上記はへなちょこPCサイトを審査したときに返信されてきたメールの一部である。運営しているサイトに管理人と連絡がとれるお問い合わせ先がないと審査に落とされるようだ。このメールが返信されて、問い合わせフォームを作成せずに、〔問い合わせ先はこちら→メールアドレス〕をトップに記載したら承認された。ちなみに問い合わせ先の掲載していないブログが審査に承認されたことがあり、このブログが承認されたのはコメント欄があったからかもしれない。

.

ボリューム不足(三ヶ月)

“恐れ入りますが、ブログについては作成されたものをすぐに申請されるのではなく、十分な期間(三ヶ月超)運用いただき、記事なども拡充の上での申請をお願いいたします。”

上記はレビューブログを審査してもらっときにきたメールの一部である。どうやらブログの場合は三ヶ月超更新していないと審査に落とされるようだ。この後、更新頻度は低いが三ヶ月間更新し続けて(1ヶ月/10記事前後)、再審査をうけたら無事に承認された。ちなみに三ヶ月間更新していなくても審査に通ったという記事もちらほらあるので、審査する人にって条件が厳しくなったり緩くなったりすることもあるのかもしれない。

良い子は真似してはいけないが、ブログというのはサイトと違い、記事の日付や時間を変更することが可能だから、たくさん記事数があるのであれば、日付を変更して三ヶ月更新してるように偽装すれば騙せる気もした。

 

ブログでもサイト式にすれば三ヶ月の更新は不要

クリーナーやゲーミングデバイスのサイトはワードプレスで作ったサイトだが、三ヶ月も更新していないのに審査に承認された。メールに書かれているように3ヶ月という期間はブログ限定なのかもしれぬ。下のサイトはワードプレスで作ったサイトだけど、三ヶ月間更新せずに、問い合わせフォームの追加のみで審査に一発承認された。んじゃがんばってね。

http://hikikomori-channel.com/kansei_gomisaito/
http://hikikomori-channel.com/2014gaming/

.