この記事は約 3 分で読めます ( 約 1387 文字 )

大間の本マグロに3億3360万円 豊洲市場で初競り(19/01/05)

マグロ代と100万円×100は同じ!?

ゾゾタウンの社長がバスキアの絵画を123億円で落札したときと同じように、嫉妬や妬みを持った者の批判的な意見と、100万円を100人にプレゼントすることでゾゾタウンにどのようなメリットがあるのかと考えるマーケティング脳を持った者の意見に分かれたように思う。

わしはアフィリエイトを始める前は前者だったけど、アフィリエイトを初めてからはマーケティングの思考や発想をする後者に変わった。毎年、寿司屋の丸いおじさんが初競りでマグロをうん億円もだして落札する理由を知ったときも、なるほどなザ・ワールドと感心した。

.


どういった人間にお年玉をあげるとメリットがあるのか

100万円プレゼント企画を行いリツイートとフォローが増えることでどういったメリットが生まれるのか。企画が話題になることでどこに取り上げられるのか。話題になっている最中にZOZOTOWNは何を実施したのか。どういった人間に100万円をプレゼントしたらメリットがあるのか。

そう考えていくとわしらのようなクズや物乞いの複垢には、お年玉が転がってこないことは予想できた。14兆円規模という新車販売に匹敵する市場に君臨する企業の凄腕経営者は、ビルの上から金を巻く馬鹿と同じではない。イケハヤし(マックブックおじさん)らが、MacBookをプレゼントしたときもどういった人間を選んだのか考えて頂きたし。

.

クズに100万円与えても散財するだけでメリットなし

わしだって誰かにMacBookをプレゼントするなら、夢や目標に持って努力をする人や、貧困で困っている人を選びたい。努力をするかもわからないような人や、なにかに文句をつけて行動しない人にはプレゼントをしたくない。

色々な成功者の記事を見てきて気づいたが、努力しない人間にはわしと同じ共通点があって(時間・金・環境・スペック・家族・体調)のせいにして行動しないんだわ。時間や金がなかったり、頭が悪くても出来る方法を見つけるという発想すら考えようとしない。

あちらさんからしたら、努力しない人間や一回失敗して辞めるような人間にリンゴを与えても何のメリットも社会欲求も得られないんだわさ。そして、そういう人間は言動を見てたらすぐ分かるようになった。おれと一緒だから。

んなもんで、わしらのようなクズや物乞いの垢に100万円は絶対に当たらない。応募するよりネット上に記事(自販機やセールスマン)を立たせて100万円を稼いだほうが早い。

「せやけど、わいのようなクズにも当たったで!」という人間がいるのであれば、わしに空気清浄・暖房・涼風が1つになったダイソンの「pure hot+cool」をおごってほしい。猫トイレの横に設置しようと思う。よろしくおねがいし8ます。あけましておめでとうございます。


追記:いや、やはりおうちゃんに。