この記事は約 2 分で読めます ( 約 747 文字 )

この記事の最終更新日は 2014年11月10日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

copy_image02

「まとめサイト」は法的にグレーな存在? 弁護士が「著作権」の問題点をくわしく解説
ソース

「許諾以外の法律構成を考えてみましょう。著作権法32条1項には『公表された著作物は、引用して利用することができる』と書いてあります。
自由な言論や批判・批評を行うことができるようにするために、『引用』に当たる場合は『許可が不要』とされているのです。
したがって、もし、文章や画像の利用が、著作権法上の『引用』として行われたのであれば、著作権者の許可がなくても、利用は可能です」

「著作権法32条1項は、『公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない』と規定しています。

全て読まなかったが、「報道、批評、研究」の目的であれば画像を引用として転載することが可能なのかもしれない。
批評する記事であったり、まとめブログが報道サイトと名乗れば、画像を転載しても問題ないのかな。

ただし、中には『まとめ』に自分の作ったものが使われて『拡散』することを喜ぶ人もいると思います。
ケースバイケースですが、そのような場合は、明確に許可を取らなくても、黙示の許諾があったと評価できる場合はありますね」

無断で画像を転載して、連絡があったら画像を削除すればいいという考えの人もいるだろう。金を稼ぐ人間は、こういう図太い神経があったほうがいいとは思う。
おれも画像の下にURLさえ貼っててくれれば、別に無断で画像を転載されても何も思わない。
SEOにとって大事な要素『被リンク』が増えるし、そこのページからアクセスが発生するし。
悪質な場合は、サーバー、ドメイン会社、ASPに通報すれば済む話。