この記事は約 1 分で読めます ( 約 545 文字 )

この記事の最終更新日は 2016年7月16日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

g510s

Gキーに一連の操作を登録できるから依存性が高い

マクロ登録ができる「Gキー」が18コも備わっているロジクール(G510s)を購入した。このGキーには、よく使用するHTMLタグ・テキスト・ソフトのショートカットキーを登録していている。このGキーを一度利用するともうロジクールの製品から離れられなくなってしまうだろう。

以前、使用していたG105には「Gキー」が6コ備わっていたが足りなくなってきた。モード切替ボタンが3つあるので、正確には6×3=18コのボタンをカスタマイズできるのだけれど、このモードボタンを押してGキーを入力するより、辞書登録したタグやキーワードを出すほうが早いのだ。

なので、金を使わない今こそ今でしょ、ちょっと贅沢をしようと、キーボード上に18コGキーが備わっているG510sを購入した。

すぐにレビューを書くと深堀できん

おれは一度書いた記事やページをよく修正するのだけど、修正する度に商品は買ってすぐにレビューしないほうがいい思うことがよくある。やはり、ある程度使わないとちゃんとした記事が書けない。ある程度使っていると気がつかなかった特徴、用途、欠点、その欠点に対する対処法もでてくる。そういう記事を書いたほうが、ただのアフィカスよりちょっといいアフィカスになるとは思う。