この記事は約 2 分で読めます ( 約 673 文字 )

この記事の最終更新日は 2016年11月21日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

l_kf_dmm

DMM.comは11月15日、50インチと65インチの4Kディスプレイ「DMM.make DISPLAY」を発表した。50インチモデルは同日に発売し、65インチモデルは11月末に発売する。価格はそれぞれ5万9900円、15万9900円(税別)で「4K大画面をもっと身近にする低価格を実現した」(同社)という。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/15/news142.html

nomi_001

こりゃ安いわいな。UPQが発売した安価な「Q-display 4K50X」(7万5千円)より安いうえ、同じ仕様になっている。ちなみにUPQのバックがDMMだから、UPQのODM品のOEMってところだろう、もはやわけがわからん。

下にあるDMM.makeってロゴと、ちんこみたいな突起がださいから、この2つをノミで削って修正ペンで「松下」か「ナショナル」と書いて親にプレゼントすれば完璧だろう。若い層なら「パナソニック」か「リンゴの絵」でもの描いたほうが喜ばれるやもしれんな。

ちなみに、これただの馬鹿でかいモニタだからPC用として使ったり、例の小さいファミコンをつないでゲーム専用にしたりできる。なので、TVとして使いたい場合はチューナーが必要。久しぶりに「グラディウス」と「大運動会」がしたいな、うまいやつにれいほうがくえんとられると負けるやつな。

トラブルが多い会社みたいだから、購入者のレビューがつくまで様子みる。Amazonって購入者だけレビューできるようにすればいいのにな。音がしょぼいからスピーカーは必須のようだ。