記事を書く気がしない原因を考えるまき

コアアップデートアフィリエイト

コアアップデート

グーグル様にふられるまき

えーつと9月の4周目だっけか?コアアップデートで検索順位の指標がE-A-Tに傾いてから、記事を書いても上位にあがりにくくなった。さらみ、Buyクエリの記事も大手や公式より上にいけなくなった。んで、12月と1月の変動でさらに下がってとどめを刺された感じ。昨日もさらに順位が下がっていて、もはや死体撃ちされてる状態だ(もうライフは0よ)。

正直、9月に被弾したときは立ち回れる自信があったが、12月の変動で2ページ目以降に飛ばされて死ぬと悟った。少しでもねばってゆるやかに死んでいく予定だったが、1月のアップデートで寿命が一気に縮んで終わると感じた。以前わしのサイトで感じられたドメインパワーがなくなり、今は重たい錘をぶらさげられたような重力を感じ、やる気を削がれる。

まあ、情報の鮮度が落ちているページがたくさんあったり、更新を怠っていたこともあったから、今回の結果は真摯に受け止めたいところもあったりする。

競合

競合が現れると疲弊するまき

DIYのサイトや掃除機のサイトを作ってたときって競合サイトなんて気にしていなかった。人の記事を参考にしたりするとリライトになってしまうから、まじまじと見ることもなかった。ただ、過去に書いた文章があまりにもひどかったから、文章力のつきそうな書籍をいくつか読んだ。

だがしかし、馬鹿なわしの頭には入らなかったから、雑誌の家電記事をラミネートしたものを風呂の壁に張って入浴中に丸暗記した。おかげで以前より記事を書くのが苦じゃなくなった。ちなみに雑誌を暗記したきっかけは日本地図と世界地図暗記しても、何の役にも立たなかったからだ。

んで、まっとうなライターの記事を暗記することで文章の型みたいなのを覚えてから、自分で考えた造語や比喩を入れたりするようにもなったんだが、ブロガーが後出しで書いた記事に文章の一部をパクられた。別にわしは文章をコピペされようが、画像転載されようがなにも思わないタイプだが、その記事より順位が下だったもので、アフィで初めて悔しいという感情を抱いた。

話しが少し脱線したが、わしはうぬぼれていた。昔は競合より強いのではなくろくな競合がいなかっから上位に君臨できただけであって、まともな競合が現れてからは順位が抜かれることもあった。アフィリエイターはグーグルに記事を書いてることもあって、競合と記事の構成がどうしても似たようなものになってしまううえ、順位が劣れば文章をリライトして抜き返さないといけないし、パイの奪いあいになるとスピードや作業量が必要になり疲弊する。また、似たような記事を書く競合がいると、自サイトの存在価値に疑問を感じる。

ちなみに、以前は午後から光る剣をふりまわすゲームをするほど余裕があり楽ちんやった!

承認欲求の耐性

承認欲求に耐性がつくまき

いやー初めて成果報酬が発生したときは嬉しかった。確かドリルドライバーが売れて数十円の紹介料だったけど、自分の紹介したものがピンポイントで売れたから嬉しかった。あとツイッターやブログなんかでもシェアされたときは人の役に立ったぞいという承認欲求が満たされて嬉しさも感じた。問い合わせフォームからお礼のメールがくることもあり、サイトやブログを更新する励みにもなった。

だがしかし!わしもクズなもので、その程度の承認欲求や日当数万円程度の成果報酬で脳内に分泌されるドーパミンでは満足できない体になってしまったのだ。自分で便利な掃除機を作って販売して、使った人に感謝されたのであれば、質の良いドーパミンが分泌されてやる気もみなぎってくるかもしれぬが、こんな金のために糞高いゴミを吸い取る機械を売って感謝されても申し訳ない気持ちにしかならない。

カーペットを焼きはらえばマキタとクイックルワイパーがあれば十分。

(カイジ)班長からのSkype凸

Youtube勢に負い目を感じるまき

いやはや動画勢が強くなることは予想はできてたんだが、個人のブログやサイトのテキストがこんなに読まれなくなるとは思わなかった。知りたい情報をまとめたうん万文字のレビュー記事を書いても、今のユーザーは商品を使ってる動画を好んで視聴する。こういった層は一部だけになると思ってたんだが、現実は老若男女関係なくスマホを手にして動画を見るようだ。わし自身や親もYoutubeで調べごとするぐらいなうえ、テキストなんてSNSやnoteでしか見なくなった(5chは2ch時代から見る)。

んなもので、既にYoutubeで数万クラスの囲い作ってるプレイヤーを見ると負い目や焦りを感じる。もう今後はジャンルにもよるだろうが動画をメインにして、サブで記事を書くといった感じで逝くかもしれぬ。Yahoo!ジオシティーズやYahoo!ブログといったネットの歴史が倒れていったのも納得が逝った。これからは書き手も読み手もSNSに依存していくのだろう。いやもうそうなっていってネットの中でもひきこもってたから、時代が変わる流れが見えてなかったのだろう。

コメント

  1. アバターたぬき より:

    かんなちゃん、はじめまして。

    2chの頃から、ぼちぼちとカンナちゃんのブログを見ていました。

    とても正当なアフィリエイトをされていて

    かんなちゃんの収入が上がるのが楽しみでした。

    しかし、すざましく急に収入が下がりましたね。

    すてにgoogleは個人を相手にしていないような気がします。

    と、いうか、よく今まで個人のアフィリエイトがもったもんだ

    とも思います。

    youtube、今は戦国時代ですが、ブログ時代より早く

    youtube 時代も終わると予想してます。あと5年もつかしら?

    私も雑記ブログで些少ながら稼いでいた時もあったのですが

    ご想像通り、今は収入は限りなくゼロに近いです (‘◇’)ゞ

    もう、根本的にネットでの稼ぎ方を考え直さないとな、

    • かんなかんな より:

      うーん、色んなやり方があるからひとくくりにできなくてむずかしいなー。
      誰が運営しているかが指標になった今、わしはなにものでもないと判定されただけであって、ブログやWEBサイトでも稼いでるor稼いでいく個人は今後もいるんじゃないかな。
      個人的にはタピオカ屋と同じで旬が終わるあいだに資産残して、次の博打を打てる資金があればいいと思っている。
      でも確かに以前の仕様に比べると資本がない個人はだいぶ生きにくくなったね。
      サイト、ブログ、Youtube、SNSはただの道具だと見ていて、今の道具で集客できなくなったら道具を変えるだけであっておれは根本的に稼ぎ方は変わらないかな。
      「成熟期」「衰退期」を体験できていい勉強になった。
      次はさらに長く生き残ってサクっと舵切りたい!がんばりましょい

  2. アバター匿名 より:

    どこも景気わるいですな
    あとはもう仮想通貨に賭けるしか・・・

    というのは冗談で

    サイト運営でやっていくなら、

    ISBN-10: 4534056443

    は読んだことある?

    リピーターに使ってもらうサイトを目指すのが
    今後の生き残り戦略になるから
    いよいよ打つ手がなくなったら読んでみてほしいよ

  3. アバター匿名 より:

    最終回かな?

タイトルとURLをコピーしました