この記事は約 2 分で読めます ( 約 869 文字 )

 

Googleのさじ加減で収入が急減

@Webサイト:(約65K
@ようつべ:(約26K

11月22日にAdSenseから、もやし代(約91k)が振り込まれたでござる。

9月の下旬に多くのアフィカスを駆逐したアップデートの影響により、10月のアドセンスの収益はアクセスと共にだださがった。

ちなみに、ようつべの収益は26kだった。

掃除機のサイトが頓挫したら、再生数を稼ぎやすいDIYのチャンネルに力をいれることも視野に入れているが、YoutubeもまたGoogleが持つプラットフォーム。

己がプラットフォーマーにならないと、今回みたくGoogleのさじ加減1つでYoutubeでも安定的に稼ぎ続けることが難しくなる日がくるのやもしれぬ。

そもそも数分のクソ動画で広告収入が入ること自体おかしなことに思えてきた。

Youtubeと言えば、最近芸能人の参入が目立つ気がする。あとはユーチューバーもTVみたいに仕込んだりするから、個人的に売れっ子のチャンネルはTVみたいにつまらなくなってきた。

 

増加率は年々鈍化しつつありますが、その中でも50代・60代のスマートフォン利用率は過去4年で大きく上昇しています。その結果、2019年4月〜6月におけるインターネット利用時のメインデバイスは全世代で「スマートフォン」となりました。
スマートフォンからの動画視聴時間は、2019年6月時点で月間平均7時間13分でした。

シニアはガラケー握りしめてくたばるのかと思っていたが、今の年配者は普通にスマホ持っていて、外界ではわしが想像していたことと正反対のことが起こっているらしい。

そういや「ポツンと一軒家」を見ていても、集落の爺さんや婆さんが普通にスマホ操作してたりしてたし、親もスマホでYoutubeを見てたりしているしやな。

時代に取り残されていたのはわしだけのようであった!