この記事は約 1 分で読めます ( 約 596 文字 )

15日に蜂社から10万ペリカ振り込まれてたでござる。来月は4倍の蜂蜜が振り込まれるはず…
Assembling the Dyson Cyclone V10 Dok™

バカはおれだった

週間収益を見てて思い出したが、9月頃に直営オンラインストア限定のスタンド付きのモデルを紹介したら、蜂が飛ぶようになったんだ。

んで、後発で発売されたモデルで一番高額だったから、「イノベーターが手を出せない+上級国民しか持てないモデル」みたいなコピーを打って紹介したら、蜂社から売上が発生するようになったと。

所得と家電にかける費用は比例するんだ。例えば、低所得者の家の家電はアイリスオーヤマだけど、高所得社になるとブランド力の高い大手電機メーカーのロゴが入っている。んで、高所得の家や、家電にステータスを求めてる家には、iRobotのルンバとダイソンのスティック機が置いてある。(例外はある)

後者のバカを釣っ…いや家電に社会欲求を求める人間を釣ってると思ってたんだが、たまたまセール中だったから、そっちの割引が原因で売上が発生してて、バカは紹介の仕方が良かったと思い込んでたおれだったという。

んで、それからはセールが始まる度にセール情報を掲載するようにしたら、蜂がけっこう飛ぶようになったという。ダイ村の製品は2015年からあつかいだしてるから、稼げるノウハウに気づくまで3年かかってる。この取りこぼしはリプレイハズシよりでかいですぞ。