この記事の最終更新日は 2014年8月11日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

e641bHd

カメラだ!
昔似たような記事を書いた気がする。

kameratamago01

カメラを手で持って撮った写真

この卵の写真はブレてる。
ブレてるかどうかは三脚を使うようになるとよく分かる。
三脚を使うようになると、人の写真を見ててもちょっとブレてるとすぐわかるようになる。
最近、気づいたがブレる要因は色々ある。

●手が震えてブレる。
●カメラの質量が軽すぎてブレる。
●シャッターボタンを押した瞬間ブレる。

人は静止できない

まずおれの場合手が震えるんだがこれは対策できん。
次に人間は体や手を静止することができない。
手が震えない人でも必ず微妙に動いている。
最近のカメラや携帯は質量が軽すぎてその動きがもろに映像に伝わってしまう。
何も持ってない手と1.5kgの物体を持ってる手だと、1.5kgを物体を持ってるほうが静止に近い状態になると思う。
カメラや携帯は軽すぎる。2kgくらいにするべきだ。(できるか)

因みにこれは電動工具も同じだ。新しいモデルは質量が軽すぎて負荷がかかったときにブレて精度が落ちてしまう。
昔は重かったからちょっとの負荷じゃブレなかった。

シャッターボタンを押した瞬間ブレる。

これは最近気づいた。
三脚に固定しててもシャッターボタンを押した瞬間カメラが微妙に動く。
動いてる瞬間に写真を撮ってしまうから微妙にブレてる。

kameratamago02

三脚とタイマー機能

上のブレる要因は三脚とタイマー機能を使えば対策できる。
上の写真も三脚を使ってないからブレてる。

ちなみに写真の三脚は「HAKUBA 4段三脚 W-312」アマゾンのベストセラーに入ってた1,000円くらいで買った三脚だ。
この三脚はカメラと三脚をワンタッチで着脱できるから、部屋で取ってすぐPCで確認する場合はおすすめだ。
そういえば何故か三脚は自分のサイトでもちらほら売れてる。
アイフォンやスマホを固定するミニ三脚がよく売れてる。
てか最近2chで携帯の画像とか見てて思ったんだが、解像度が高いから普通のデジカメと変わらん気がする。

kameratamago03

マクロモードは歪む。

これはアフィスレで教えてもらったけど、マクロモードで写真を撮ると歪む。
接写するとよくわかるが、赤丸の外はピントがあってないからぼやけてると思う。
接写でピントがあわなくなるが、通常モードで撮るとこの周りの歪みは解決できる。
さらにズームさせればいいとのことだが、いまだに違いがよくわからん。
 

kameratamago06

kameratamago05

三脚とタイマー機能を使って撮った写真

上は最初に手でカメラを持った写真で下は三脚とタイマー機能を使って撮った写真だ。
下のほうは全くブレてないから、卵の木目もくっきりしている。

kameratamago07

照明でかなりかわる

こっちは家の電気2灯で撮ったものだ。
蛍光灯は新品にしたほうがいい。
カメラについてる露出補正機能で明るくすることもできるけど、部屋の照明を明るくしたほうがクオリティが高くなることに気づいた。
この程度なら10年前のカメラでも3年前のカメラでも同じものが撮れたから、カメラより撮り方を気にしたほうがいいいと思う!

999
こっちはフォトショでシャープをかけて、少しコントラストをいじったものだ。
邪道なのかもしれんけどフォトショがあるとかなり変わる。
ごまかしの技術だけあがっていくという。
フォトショはエレメンツだと1万くらいで売ってるし、アフィでも役立つから装備しておきたいツールだ。

kameratamago08

家の照明じゃ限界がある

でもまだ違うことに気づいた。
薄暗いんだおれの写真は。自作のレフ板使ったり、露出度あげてもなんか違うんだよな。
やっぱカメラ屋にあったような写真のような照明が必要なのかもしれん。
外にでて撮れば光度が高いから綺麗になると思うだんが、外でないから写真のような傘みたいなのを買うかもしれん。
安いものだと5kほどで売ってた。

e641bHd

これは脇もしまってるし、ただ覗いてるだけでなく頭でもカメラを固定しているんだと思う。
足の開き具合も神の位置なのかもしれん。
三脚が服を着てるようなものだ。

まあここに書いたことは、プロからすると突っ込みどころがあるるかもしれんが、三脚タイマー機能照明でかなり写真の仕上がりは向上すると思う。