この記事は約 2 分で読めます ( 約 667 文字 )

この記事の最終更新日は 2016年7月30日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

ゲームプレイヤーが一般人の視覚に入る

引き篭もりだから信じられんが、これ携帯持ってるの全部ポケモンGOユーザーってことか!ユーザー層ってポケモン世代以外もいるように見える。モバゲーが登場して衰退してしまったけど、PCのオンゲとかオープンβが始まると、街や狩場にすごい人だかりができていたが、まさにリアルでそうなった感じだよな。これまではゲームの接続ユーザーは、ログインして数字やキャラでしか見れなかったけど、それが一般人の視覚に入ってるってちょっと不思議。

驚きの集客力をどう利用するのか

こんだけ集客力があるなら、マックみたいにスポンサー料払って、そこのスポットでしかゲットできないアイテムやキャラをだしてもらおうという企業もでてくるんかな。ポケモンGOの集客力なら地域の活性化や町おこしをすることができるのかもしれん。ポケモンGOは興味ないけど、課金以外でどうやって収益をあげていくのか興味深い。また、競合が似たようゲームを開発するのか、既存のスタイルでいくのかも気になる。

グーグルの体から生まれた会社

任天堂とタッグを組んでるNiantic社は、グーグルの社内から生まれたベンチャー企業のようだ。だからここの社長も元グーグルの人だった。経済学専攻。

.

うさぎGO

うさぎGO

そこらへんにいるウサギにニンジンをあげてどんどん集めていくゲームらしい。
http://nextsphere.jp/RabbitGo/
http://togetter.com/li/1003957

電車でGO

引き篭もりはこれで遊ぶしかないな。

.


ポケモンGOの記事でどれだけ稼げたのか