2018 年 1 月 16 日、YouTube は YouTube パートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。詳しくは YouTube クリエイター ブログをご覧ください。
ソース:https://support.google.com/

Youtubeの収益化が厳しくなるまき

・チャンネル登録者数が「1,000人」以下
・1年間の総再生時間が「4,000時間」以下

ご存知だと思いますが、Youtubeで広告を掲載できる条件が「2月20日」からリニューアルされるようで。この上記の条件をクリアできないユーザーは広告を強制的に剥がされるらしい。つまるところ、動画に広告が表示されなくなるから、収益(ブラックサンダー代)を得られなくなるのだ。

なして、広告を掲載できる条件が厳しくなったのかというと、再生数を稼ぐために一般人に迷惑行為を行うユーザーが増えたのが大きな原因のようだ。直近だと「ローガン・ポール氏」の樹海や築地の動画が話題になったから、彼は輩の代表として世界中の人たちから恨みをかうことだろう。

でも彼は絶対に裏返ると思うな。先日も似たようなこと書いたけど、悪いことして有名になろうが、真面目にしてたら印象は上書きされてひっくりかえるから。んなもんで、こういう世界ってファンとアンチを増やしたもの勝ちだろう。

その他に、スパムや違法動画をあげるユーザーの対策でもあるんじゃなかろうか。あのイナゴ達は運営にいくら佃煮にされても、懲りずに新しい垢を作成して動画あげまくってくるようだから。あの偏執狂的情熱をもっと他のことに向ければ…(´・;::: .:.;: サラサラ..

チャンネル登録者数1,000ってかなり厳しいような…

チャンネル登録者数1,000ってけっこうハードルが高いと思うから、スパムや違法動画うpしてるユーザーにとっては「ざまぁ」だが、不特定なジャンルの動画をあげる一般人には過酷な数字な気もする。

なぜなら、つべって再生数が稼げそうな動画をあげたとしてもチャンネル登録されるとは限らないうえ、顔を出さない一般ユーザーがチャンネル登録者数を増やすには、特定のジャンルの動画を定期的にうpし続けないといけないからだ。

話題になるような神スキルでも取得してない限り簡単に増やせる数字ではない。

ラディツ

そういや昔、戦闘力1,000ちょいのサイヤ人(ラディツさん)が地球に来たけど、地球最強のピッコロと悟空が二人がかりでやっと倒せたくらい強かった。ちなみにこの戦闘で悟空は死んだ。その1年後、戦闘力1000ちょいの栽培マンにヤムチャさんも殺されてる。登録者数1,000ってそれくらい強大な数字なのだ。

ナッパなんて蘇ったときにベジータさんに一瞬で殺されたけど、昔のZ戦士は戦闘力数千のナッパ相手にTVで何時間もかけて戦ってたほど強かったのだ。全王様が観戦してたら地球が消し飛ばされてたほど弱小レベルだけど。とにかく1,000って力は、亀の甲羅を背負って1年くらい修行したくらいでは越えられない壁なんだ。

youtube 平均時間

短い動画メインで1年の総再生数4,000時間って可能?

リニューアルされるYoutubeの収益化させられる条件は、チャンネル登録数1,000だけではない。1年の総再生数時間が4,000時間必要なようである。1年の総再生数時間が4,000時間ってことは、1日約11時間視聴してもらわなければけない!?

わしがyoutubeにあげてる動画は数分で終わる短いものが大半だから、この条件もけっこう厳しように感じた。でも、レポートから再生時間を調べてみると、一ヶ月(30日)に2,636時間再生されているようだから、1日87時間ほど再生されてる計算になる。意外だ。

ということで、短い動画しかあげない人でも、動画をたくさんあげて、なおかつ、サイトやブログやSNSなどに貼り付けるなどしておけば、1日11時間は案外簡単にクリアできる数字なもかもしれない。

ちなみに、再生時間を稼ぎたいのであればノイズの入らない「ICレコーダー」でも買って環境音を長時間録音してうpすればいいんじゃなかろうか。川の流れる音雨音電車内喫茶店内などのような環境音は作業用BGMとして垂れ流す人もいるので再生時間を稼げそう。こういう規則的な音や人の声を聞くと脳の集中力が増すらしいです。

youtube チャンネル登録数

月数千円でもありがたいでござる

月の収益が数千円だったとしても、バイトが禁止されてる学生や結婚しているリーマン、そして引き篭もりニートにとってはいい小遣い稼ぎだと思うんだよね。現代人が何を買うのかわからないけど、まあジュース買ったり、たまにはお昼にちょっと高い弁当を買ってみたり、ちょっとした趣味に費やしたりできる金額だと思うので。んなもんで、収益が入る楽しみを奪うと動画をあげるモチベーションも失われてしまうことだろう。

ちなみにおれもYoutubeの収益がなくなると思ってたけど、あとでチャンネル登録数見たら1,108人いるじゃないか。「この先生きのこったのだ!」ちなみに、最初にうpした動画の日付と総数を確認してみるとアフィリエイトを始めた年(2013年/8月頃)から、糞動画をチマチマ571個もあげ続けてるようだ。糞動画+かたつむり更新といえど、ラディツになるのに約4年近くもかかってることを考えると、やはり登録者数1,000以上増やすのは大変だ。

ちなみにわしの最近のつべの収益は10,000~15,000ペリカほど。「たんぽぽ温泉デイサービス」で換算すると10~15kmを歩いたことに相当する。