この記事は約 1 分で読めます ( 約 583 文字 )

この記事の最終更新日は 2013年12月24日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

photoimage-02

photoimage-01

WordPressのギャラリーをクリックすると画像の詳細ページに移動する。
このページの説明分の下に広告をいれたいが、1つづつ編集して入れていくと手間がかかる。
全てのページに反映されるように頑張った。
 

photoimage-03

要素を検証

要素を検証してみた。
previous-image
これだな?これの上に広告コードを貼れば、全ての画像説明文の下に広告が表示されるはずだ。

photoimage-04

image.php

検索していくとimage.phpの中にあった。
これだな!
imageって日本語にすると画像だからな!間違いなくここだ。

photoimage-05

ここか。

photoimage-06

ここだった。
ここにアドセンスのコードをいれれば、全ての説明文の下に広告が表示されるはずじゃ。

photoimage-07

アドセンスのコードをいれる引き篭もり。

koukokuameba

賽銭箱の設置

いいとこにきたではないか。
これで画像を開いた人が、広告を気になってクリックすると小銭が転がりこんでくるはずよ。
賽銭箱を設置したようなもんだな。

しかし、わしも成長したわい!
今年の夏頃は、見出しの行間かえるのに小一時間かかってからな。
ファイルの拡張子を見たらphpになってるし、わしもこれで立派なプログラマーよ。

photoimage-08

header-free

ヘッダー画像を追加

Twenty Fourteenにヘッダー画像もいれた。
ヘッダー画像は外観の設定から入れられるから簡単やった。
写真はまだ少ないけど、一見すると広告もない+メニューも画像になったしなかなかいい感じで気にいっちょる。