この記事は約 3 分で読めます ( 約 1256 文字 )

2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会 トーナメント表(ドラゴンボール)

第三形態まで追い詰めたフリーザにブチのめされるヤムチャ

賛否のあった戦略がなければ熱い試合は見れなかったかもしれない

前回の「日本 VS ポーランド」戦でブーイングが起きたのは、日本がポーランドに0-1で負けたからではない。日本は裏試合で勝ち点が同じセネガルが負けることを想定して、ゴールを決められたり、フェアプレーポイントとを失うことを避けたからである。つまるところ、防衛に徹して他チームに運命を託したことがアンフェアだと揶揄されたのだ。

西野監督がとった博打戦略に日本でも賛否がおきた。TVを見ていても芸能人の色々な意見を聞くことができておもしろかった。おれも火の玉ストレートで勝負するのは嫌いじゃないし、普段サッカーを見てない人がワールドカップの時だけ盛り上がることに対して疑問を抱く意見を別に否定するつもりはない。

.

【2分でわかるロシアW杯】今日からお前らもサッカーが見たくなる!( Kaguya Luna Official)
Kaguya Luna Official

ミスや不本意な戦略を攻撃の材料にして叩く

ただ、決勝トーナメントに勝ち進んだ強豪チームの試合を見ればやきうしか見ない素人でも分かるだろうが、日本と比べると選手一人一人のスペックが高いうえ、アジア人とは体の大きさも違う。さらに、FIFAランクを見ると、日本がグループリーグを突破し、世界の強豪チームと肩を並べたことじたい奇跡と言われてもおかしくない。実際に日本はベルギーに相当舐められていたし、わしも勝つことは難しいと思っていた。(写真

言葉は刃物(アニメ麺探偵コナン)

肯定的&批判的な意見も分かるし、分からなければ理解しようとする。どんな意見を述べるのも人の自由だと思うが、それを刃物にして意見の食い違う人や日本代表を叩くのは間違いである。

日の丸を背負って戦ってる選手や監督を叩いて、今回の負けた姿を見て何も思わんのか。ミスした川島さんを叩いてインタビューに答えてた川島さんを見て本当に何も思わんのか。プロフェショナルのケイスケホンダさんがシュートを決めたとき、手の平をくるりと返して恥ずかしいと思わなかったのか。

.

フリーザを第三形態まで追い込んだヤムチャはカッコよかった

今回ベルギーには負けてしまったが、「わたしの戦闘力は53万です」のフリーザーさんを変身させた日本(ヤムチャ)は、第三形態のフリーザーまで追い込んだZ戦士のようにかっこよかったし、自分より強い相手に立ち向かう有志や、ピンチになった仲間を助け合うシーンを見た子供達に夢をあたえただろうし、わしも4年後のW杯に備えてサッカーの練習をしようと思った。また、これを気にJリーグや地元のJリーグ加盟を目指すクラブに興味が湧いた人もいるのではなかろうか。

中傷して自己顕示欲(承認欲求)

暗黒面に堕ちるな

好き嫌いや考え方の違いは誰にでもあるけど、それを刃物に変えて人を不快にさせたり傷つけないほうがいい。さんざん叩いて日本代表の選手が活躍したり・弱みを見せたとき、自己嫌悪に陥って抜刀した刀をしまいにくかろう。そして、人を叩くことでしか自己顕示欲や承認欲求を抜刀できなくなると、低能先生やおれみたいにダークサイドに堕ちるぞ1おれはそんなやつと関わりたいとは思わぬ。