この記事は約 1 分で読めます ( 約 514 文字 )

去年の12月4日にツイッターで見た、明るさ30%増し&大きさ14%増しの「スーパームーン」の写真が綺麗だったから、わしも1月31日に見られる「スーパーブルーブラッドムーン」という何やらすごそうな月をカメラに収めようと思った。

はりきってグーグルで「月の撮り方」を調べた後、窓からカメラを持って顔を出してみたが、空は曇っているらしく真っ暗だった。月はおろか星1つも見えない状態。ていうか、月ってどの方角にあるんだっけみたいな。

仕方ないので代わりにPCケースの上で撮った卵とフライパンの上で撮ったハムを撮った。ツイッターで「スーパーブルーブラッドムーン」と検索して検索結果に並んだ赤い月とわしが撮った卵やハムの写真は大して変わらなかった。

月がハムに見えるのはわしだけでないらしく、けっこうハムを撮ってる人がいてわらた。ちなみに子供の頃、キリンの首をスライスしたものがハムだと思っていた。

スーパーブラッドブルームーン

ハム