この記事は約 3 分で読めます ( 約 1588 文字 )

この記事の最終更新日は 2014年3月31日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください


いやあよかったよ。(5まである)
最初はこれだけ見りゃ十分だよ。
小手先の技術なんてものは後からでも出来ることだしな。
前に見た記憶があるから、もしかして過去に貼ってるかもしれん!
この人はFC2時代に崇拝してたブログの中の人だよ。
SEO関連でぐぐってたら大概はこの人のブログにぶちあたって納得する。
ちなみに最近はSEO関連のことは全くぐぐらなくなった。

こういうまともなこと言ってる動画でも、説明文や最後にまるで夢のようなライフスタイルが待っているかのような高額セミナーや情報商材を宣伝する動画もつべにはいっぱいあるから気をつけたほうがいいぞ。
こういう輩は一番たちがわるいよ。


>外部リンクは今も重要だが、じぐざぐ自作自演リンクはバレる。
>外部リンク以外の要素がたくさん使われてくる。
>自然に発生したリンク(ナチュラルリンク)が重要
 
まさ今こんな感じになってる+さらになっていくんだろうな。
自演は2chだけにしとけよ!


>更新頻度はジャンル・テーマによって重要とも限らない。
>ボリューム(ページ数)が重要ではない。
>質の高いページが重要。

わしのサイトも今はカテゴリをたくさん増やさないといけないけど、更新頻度が少なくてもアクセスは下がりにくいはずだろ?
新しい機能や新しい工具があればページを追加したり編集するだけで済むと思うしさ。
わかりやすく歴史のページで例えているけど、更新頻度が低くて済むようなサイトにしたほうがいいと思う。
毎日ニュースやコメをまとめたり、チラ裏的な日記で稼ぐってのはすごいことだけど、正直毎日更新するなんてだるいしな。
それで当たらなかったら時間の無駄になる。
屑みたいなページをネットの海に散乱させるより、ガチで作ったページを島として浮かばせて置いたほうが見つかりやすいはずだよ。
ただライバルの島が多いと逆に見つかりにくいし、やっぱりジャンル選びや発想が一番難しいよな。


>閲覧するユーザーの為に役に立つコンテンツを作る。
>人に紹介したいようなコンテンツを作る。
>オリジナリティ=他にない情報/使用感(良い所・悪い所)
>コピー・単語の入替えはアウト
>専門性と信頼性

最後にまとめるけど、専門性と信頼性ここが答えだと思う。
白血病の例えは耳が痛い。
コピー・単語の入替えはアウトここは検索して思うことだけど、もっと力をいれてほしいよな。

>被リンクに頼らなくても上位表示ができる。
>専門的なキーワード
>専門性、オリジナル、ロングテールキーワードが自然にでる

肉屋と白血病の話が良かったな。
ロングテールSEOを意識してキーワードプランナーやツールとか使っても、関連キーワードを全て探しだすことはできないからな。
もうキーワードを探し出そうとしてる時点でだめなんだよ。
テーマに詳しかったり、閲覧者に対して愛情があれば必然的に関連キーワードは含まれるはずだよ。
かといって専門家に外注する余裕も、専門家に取材するコミュ力もないしな!
自分が思い浮かばなかった関連したことなんかは、商品レビュー、教えてgoo、知恵袋での感想や困ってる人を見てるといくらでもでてくるよ。
さらに質を求めるなら、やはり自分で購入したり、登録したりして体験してみるしかないよ。
経験しないと書けないことはたくさんあると思うしな。

この動画はおれが要約すると、グーグルは自我を持ち出してごまかしが効かなくなったから、何かの専門家になれってことだな!
この専門分野ってのは、ある程度ニッチなほうがいいと思う。
今からパソコンや金融系に詳しくなっても、ライバルが多すぎて上位にはいけんだろうからな!
ニッチな趣味を作れ!
なんか「コードレスクリーナー」「充電式クリーナー」「ハンディクリーナー」この辺りで上位にいける気がしてきたよ。

一応最後に言ってる「SEO無料セミナー」の動画はここから見れる。
また何かの表をつくったときに聴いてみたい。