この記事は約 2 分で読めます ( 約 752 文字 )

この記事の最終更新日は 2016年7月28日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

fukusima1

<h>見出し</h>
■古い機種の特徴
■その特徴の欠点
(要素:ターゲット、共感)<h>見出し</h>
■新しい機種の特徴
■従来との違い
(要素:メリット(ベネフィット)<h>見出し</h>
■得られる価値(結果)
■カエレバ
(とどめのベネフィット)
(販売元はゴールなため、広告やボタンはでかいほうがいい)

マスターが話してたジョンカールトンのテンプレに似ているが、商品のレビュー、機能、特長の説明する際に、この型さえ覚えておけば、作文が書けなかったわしのような人間でも慣れると、手を止めずに1,000文字くらい余裕で書けると思う。

んで、この型で書くと広告文章に必要な要素と関連キーワードが意識しなくとも勝手に含まれるから、同じ悩みを持っている人間が読むとダークサイドに落ちやすいはず。

古い機種の特徴や欠点というのは、今までしてきた体験談三角コーナーでも問題ない。物売るのに文章力はあまり必要ないし、おかしな日本語でも問題ありま温泉!

手が止まらないレビューの書き方(続編)

.

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?

fukusima2

物販アフィリエイトでは、紹介する商品と、これまでの体験談やこれまで使ってた物を比較する記事を書くことが多いが、この本に書かれている「ふくしま式メソッド(型)」は、何かと何かを比較する文章をつくるのに最適だ。