この記事は約 3 分で読めます ( 約 1286 文字 )

この記事の最終更新日は 2016年12月4日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

rakuten_card_12002

メール受信→三木谷:「カード作ろうや」→わし:「またおまえか」

何年も楽天がクレカを作れ作れとやかましいので、簡単そうなこともあり作ってみることした。楽天カードと言えば無職でも審査に受かるということで有名だから、本当に無職で審査に通るのか、所得0円の無職というスペックで登録してみた。調子にのってキャッシングの限度額も50万で逝ってみた。

結果は、審査に通ったようで、その日にカードの発送するというメールがきた。無職でも審査に通るのは本当だったようだ。ただし、わしは銀行口座は楽天をメインで使っていて、毎月一定のお金が振り込まれることと、毎月、楽天市場で掃除機買ってるからランクがダイヤモン会員になっていることも関係してるやもしれん。

rakuten_card_120065

クレジットカードの返済をクレジットカードで返済してたクズ

ちなみにわしは引き篭もりじゃなかった頃(20代)にアイフルのカードを飛ばしてる。どういう返済システムか忘れたけど、最初、ビルの2階の(アイフル)でクレカを作ったのはいいが、毎月支払わなければいけない利息か何かを返せなくなってしまい、3階の(武富士)でクレカを作り、クレジットカードでクレジットカードの利息を返すというふざけたことをしてた。

だから、返済日は、まずはじめに3階(武富士)にかけあがり金を借りて、次に2階(アイフル)にかけ降りて武富士で借りた金で返済をしたり、2階(アイフル)で金を借りて、3階(武富士)で返済してたりとローテーションしてた記憶がある。いわゆる「自転車操業」というやつだ。

そして、利息を返済せずに催促の電話も手紙も取立てもシカトしてたら、とりたてる会社が変わり、やばそうな手紙が届いたから、電話をしてみると「人生なめてんのか」と怒られたという。確か、そのときクレカで課金したゲーム名まで言われて恥ずかしい思いもした記憶もある。今、思うと一括で返済せずに長いあいだ利息を払い続けてたから、金融屋からしたらわしはプロパンガスと鍋とネギの3点セットを背負ったようなカモのような存在だった思う。

rakuten_card_120067

ちなみに借りた金の半分以上はパチンコで溶かした。カイジか

.

rakuten_card_12001

「楽天銀行デビットカード」は、借入できないから借金をこさえることはない!

ちなみに、毎月わしが家に金を入れるときに、使ってる楽天銀行のカードは「楽天銀行デビットカード」。このカードはATMから銀行口座の金を引き出せる「キャッシュカード」と、現金に変わって買い物ができる「クレジットカード」が合体したようなもの。

このカードのいいところは、キャッシング枠が付いていないから、このカードで金を借りることができない。すなわち、若き頃のわしのようなクズが使っても借金をこさえる心配はない。また、アマゾンや楽天の買い物の支払いでクレジットカードとして使うときも、銀行口座の預金から支払いされるようになっているから、預金がないとクレジット機能を使うことができないはず。(詳細

わしみたいな計画性のないクズは消費者金融なんかのクレカを作らないほうがいいという話であった。今回作った楽天カードも引き篭もりのおれには不要だから封印しとく。