この記事は約 3 分で読めます ( 約 1744 文字 )

■充電式草刈機(商品名)+レビュー(使用感想)
■充電式草刈機 選び方
■充電式草刈機 比較
■充電式草刈機 おすすめ

家の前には草と木が生えているから、セミとエンジン式の草刈機が鳴きはじめた。音が静かな充電式草刈機をたくさん売りたい場合は、上のような競合の多そうなキーワードで記事を作るだけでなく、「音が静かな充電式草刈機」とか「女性でも手軽に使える軽い草刈機」みたいにターゲットを絞ったタイトルで記事もたくさん書いたほうがいい。なぜなら、弱小サイトはビッグワードでは大手に勝てないからだ。

んで、こういう悩んでる客にとって役立つ記事(需要記事)を書き続けているとサイトのドメインパワーがあがるから、そのときの為にもトップページのタイトルはビッグワード入れて作っておいたほうがよいだろう。というか、アフィリエイトで食っていこうと考えてるなら、最終的にビッグワードを狙って勝負したほうがいいと思う。ずっと更新していくわけだから、正しいことを真面目に続けていればいずれ上位に逝けるはず。

ターゲットを絞った記事で必ず書かなければいけないことは、「ベネフィット」や「USP」、そして、「Reason To Believe」(信用できる根拠)を示して清水寺から叩き落す。

ベネフィット:(商品の特徴や独自性から得られるメリット[商品の特徴・独自性と、客が解決したい悩み・課題、この接点にあるのがベネフィット])

USP:(競合メーカーが持ってない特長[他に選択肢があるのになぜその商品を選ばないといけないのか?理由])

 

ベネフィット

スキマのキーワードで一本釣り

客は商品から得られるベネフィットを求めて商品を購入するのだから、このベネフィットで解決できる悩みや課題を持っている客を集めたほうが売りやすい。商品レビュー記事にベネフィットを書きまくるのもいいけれど、「商品の特徴・独自性」と「客が解決したい悩み・課題」この接点にあるベネフィットを求めてる客をダイレクトで集める記事をたくさん書けば収益はあげられる。これはスキマ記事の作り方だから、すなわち客のことを知れば知るほど役立つスキマ記事がたくさん作ることが可能。

属性:年齢、性別、家族構成、職業、居住地、学歴、年収
■「女性でも軽々と持てるおすすめのコードレス掃機除」
■「老人でも軽々と持てるおすすめのコードレス掃機除」
■「妊婦の体に負担をかけないおすすめのコードレス掃機除」
課題:解決したい悩み、不安、恐怖、叶えたい夢や願望
■「ペットの毛が絡まらないおすすめのコードレス掃機除」
■「音の静かなおすすめのコードレス掃機除」
■「排気のニオイが気にならないコードレス掃機除」

んで、ターゲットを絞ってニッチなキーワードで一本釣りする場合、必ず上のような属性や課題といった要素で絞りこんでるから、記事のタイトルには必ずこの要素が含まれることになる。こういう隙間のターゲットの見つけ方は、前述したように商品を使ってる客や、悩みごとかかえてる客の声に耳をかたむけるといくらでもでてくる。でてこないということは客に対する愛情が足りてないのか、心がねじ曲がっっているんだと思う。

客のことを知れば知るほど収益は上がる

自分とは異なる環境や考えを持ってる人のことを理解できるようになると収益は間違いなくうpするだろう。案外こういう能力は、寛大な人間だけでなく、周りの目を気にする引き篭もりやコミュ障も持ってることもあるから、こういう人間にとってアフィリエイトは適しているのやもしれん。マーケティングを勉強すれば自分とは異なる考えを持ってる人のことを想像できるようになるから人間的にも丸くなると思う。

ここに書いたことはすごく大事なことだからたまに似たような記事をよく書いてしまう。細かく書くと10万文字位になるし、おそらく初心者だと頭に入らない。おれも最初そうだったから、メインサイトでは選び方とか比較みたいなキーワドでしかページが作られていない。(ちなみにこんなサイトだと強い競合相手がいたら勝てない)なので、まずは売れない物販サイトを作って失敗しないといけない。色々経験したり失敗することで、脳にほころびができて、ある日、突然頭にストンと入ってくるし、色々なことで組み合わせができるようになる。