この記事は約 2 分で読めます ( 約 1117 文字 )

この記事の最終更新日は 2016年6月3日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

ヤフオクは物を出品できるけど、ココナラでは自分の得意(絵、声、プログラミングとか)を出品して販売することができる。んで、色んなジャンルがあるから色んな人がいる。占いとが有名みたいだが、黒魔術師とか白魔術師とかぶっ飛んだ能力者もいる。

イラストが必要なときココナラは使える。例えば、「舞い上がった埃で煙たそうに掃除機のゴミ捨てを行ってる主婦」のイラストが必要になったときに、自分で描くと時間がかかるうえ絵が下手なので描けない。他のクラウドソーシングだと安価で描いてくれない。ココナラだと安価で描いてくれる人がいるし、高いクオリティも求めてないから十分だったりする。

yamada2016603

サインを入れたがる人がいる

色んな人に10枚ほど絵を描いてもらったが、ココナラでは自分の描いた絵に自分の名前をいれる人がいるから、WEBサイトで描いてもらったイラストが使えなかったりする。なので、販売サービスの俺ルールをよく見て購入したほうがいい。その旨を書いてない場合もあるから、予めメッセージを飛ばして確認を行ったほうがよいかもしらん。一番いいのは俺ルールに著作権を譲渡すると記載してる人を探す。

.

アフィ=商用と考えている人がいる

あと、俺ルールに商用利用を禁止している人もたくさんいる。おれ的に絵の商用ってその絵を配布して物を売ったりすること(絵をTシャツに入れて販売とか)だと認識していたが、出品者の中には商用=アフィという人もいるから、あとでトラブルになると面倒だから商用利用禁止をしている人にはメッセージを飛ばしてアフィおkなのか確認したほうがよいだろう。中にはオプション料金払ったら商用おkって人もいた。最初から商用おkと記載している人もいる。

.

チップ(おひねり)があげられる

サービスの中にはクオリティが高い割りに無料だとか500円と安い人もいる。よく調べてみるとココナラにはランクがあって、最初のランクだと500円以上のサービスを出品できないから、仕方なしに無料~500円で出品している人もいるのかもしらん。(なので、無料~500円で新着出品してる人は実績がない人が多い)

ランクは「雑魚」「ポピュラー」「エキスパート」の3種類があって、「雑魚」「ポピュラー」が売り上げから引かれる手数料30%、「エキスパート」が売り上げから引かれる手数料25%と、他のクラウドソーシングに比べると出品者が引かれる手数料は高くなっていて可哀想な仕様となっていた。

ココナラにはチップをあげられるシステムになっているから余裕があったり、いい仕事する人にはチップをやったほうがいいやもしれん。ちなみにこのもらったチップからも出品者は手数料(25~30%)が引かれる鬼畜仕様となっていた。