この記事は約 2 分で読めます ( 約 686 文字 )

この記事の最終更新日は 2016年5月6日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

最近、動画でよく聞く言葉「ノイジーマイノリティ」。
よく聞き取れなかったからどういう意味が分からなかったけれど、たまた見てた動画に字幕がついてたからちゃんと聞き取れた。「ノイジー・マイノリティ」って言ってたんだな。

ノイジー・マイノリティ

「うるさい」・「騒々しい」といった旨が語源であり、主張に理論的ないし道義的裏付けが乏しく「声の大きさ」に任せて騒ぐだけの少数者を指し、批判的な意味合いが強い。
その過激かつ積極的な姿勢のため、実際には少数派であるにもかかわらず、穏健かつ消極的な多数派よりも目立つ傾向がある。実質的にクレーマーと同等の意味合いを持つ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/

音のでるゴミ
なるほど、これはおれのことだわ。2chにもこんなのがうじゃうじゃいて、リテラシーの低い人が流されたりしてダークサイドに堕ちたり、情報を信じたりして間違った情報が拡散されることがあるから、鉄砲隊(3,000丁)を結成して撃ち殺したほうがいい。速報、まとめ

3000teppo

サイレントマジョリティ

サイレントマジョリティとは「物言わぬ多数派」の意味であり、積極的に発言はしないが多数派である者を指す。本当は少数派の人間が多数派を名乗りたくて使う場合もある。

反対の意味の言葉としてノイジーマイノリティ(ラウドマイノリティ)という言葉がある。こちらの意味は「声が大きい少数派」で本来少数派だが声が大きいので多数派に見えるということである。
http://dic.nicovideo.jp/a/

シャイなやつらなんだな。主張した言葉の影にはその100倍もの人間が隠れているのやもしれん。