この記事は約 2 分で読めます ( 約 1073 文字 )

この記事の最終更新日は 2016年11月2日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

pikotarou

PPAPのYouTube動画、いわゆるペンパイナッポーアッポーペン動画が、世界中で視聴され、2016年11月1日現在、約7400万再生を記録している。動画には広告が表示されるため、広告費としての収入がピコ太郎側に入ることになっている。

たった2か月間で2900万円、2016年11月1日現在で3700万円の収入を得たという情報もあるが、実際は「たったの185万円」しか儲かっていない可能性が出てきた。1再生につき入ってくる広告収入の額が、ここ最近になり激減している。

・高額な広告費は稀
2016年11月1日現在、YouTubeの広告収入についてユーチューバーや専門家が解説している金額を調べてみたところ、中堅のユーチューバーでも0.05~0.025円という低価格になっているといわれている。かつては0.1円、0.5円、0.8円などの高額な広告費だったようだが、高額な広告費が支払われているケースは稀なようで、動画内容によっても額が増減するといわれている。

・ピコ太郎側が7400万再生で得られる収入
1円の場合: 7400万円
0.8円の場合: 5920万円
0.5円の場合: 3700万円
0.1円の場合: 740万円
0.05円の場合: 370万円
0.025円の場合: 185万円

http://buzz-plus.com/article/2016/11/01/ppap-pen-pineapple-apple-pen-pen/

おっ、この動画おもしろそうやんけ→テキスト

好きなことを配信して視聴者を楽しませ、金を稼ぐことは全然いいことだと思うけれど、1再生0.05円で換算しても、10,000再生で500円玉にしかならんから、微妙な再生数しかとれないユーチューバーは、つべ1本で食っていくのは難しいのかもしれん。全盛期に顔を売ってアドセンスとアマゾンを併用しているユーチューバーが勝ち組ということなのか。


なるほどわからん

「ベビーメタル」「ピコ太郎」引き篭もりのわしの耳にもかすってきた言葉。知らない言葉を放置しておくとツイッターやラインのようにワケワカメになってしまうから、いいかげん向き合うことにした。

とりあえず、つべで動画を見たが意味がわからん。「ペンパイナッポーアッポーペン」ってなんぞ、be動詞並みにわかりませんぞ。そもそも変態のB型同士がひっつくわけなかろうが。こんな服着たおばさんなら大阪にいっぱいおるぞ。

とはいえ、アメリカで権威のある音楽チャート(ビルボード)で、日本人がランクインするのはうれしいことだ。ちなみに今わしは石原裕次郎にはまってる。