この記事は約 4 分で読めます ( 約 2356 文字 )

ぐぐってもカス

(物販)リテラシーの高い人間は画像検索からやってくるまき

「ぐぐってもカス」という言葉を最初に誰が言ったのか分からないけれど、実際にグーグルで知りたい情報を引いても答えが1ページ目で見つからないことはよくあり、検索結果の質が下がってきている地帯も数おおく存在する。

物によるけれど「商品名 レビュー」というキーワードでもアフィカスのサイトが上位に引き締めあっていることがよくある。(この記事でのアフィカスは実体験や調査のないこたつ記事・持ち上げて書かれた提灯記・答えが書かれていないサイトと定義する)。

端的にまとめられたアフィカスの記事も需要があると思うし、わしも書くことがあるので否定はしないけど、「商品名 レビュー」というキーワードをグーグルで検索してくるユーザーは、個人が使ったレビュー記事を探して求めている。なので、検索結果がぐぐってもカスだった場合、リテラシーの高いユーザーは画像検索からやってくる。

そのため、SEO的にはよく言われるように記事に写真を掲載するほうがよく、特にオリジナル写真だった場合、その効果はさらにプラスに働く。実際にわしのサイトも記事には必ずオリジナルの写真を掲載していて、複数写真を掲載する場合は、画像のaltタグに関連キーワードを入れている。

.

生活感が漂うサムネイル

生活感のある写真のほうがクリックされやすい!「畳の上で撮れ」は正しいまき

なぜリテラシーの高い人間が画像検索からやってくるのかというと、「商品名 レビュー」で画像検索すると、ひとめでアフィカスの書いた記事と個人が書いたレビュー記事が見分けられるからだ。

例えば、「ルンバ(機種名) レビュー」で画像検索した場合、たくさんのルンバ本体の画像がヒットすると思う。しかし、背景が白いルンバの画像というのは、ルンバを販売しているショップやアフィカスの記事なのでクリックされにくい。

また、モデルハウスで撮ったようなクオリティの高い写真も公式サイトだったり、画像をかっぱらったアフィカスの記事の可能性が高いのでクリックされいにくい。ただし、この場合は、あつかう商品によっては例外もある。

では、「ルンバ(機種名) レビュー」で画像検索してきたユーザーがどういった写真をクリックするのかというと、リアル自宅で撮った生活感の溢れ出ている写真である。生活感のある写真=個人が自腹で商品を購入してレビュー記事と判断されやすいのだ。

例えば、構図が考えられてないフローリングの上で撮ったルンバなんかは、明らかに個人ブログに掲載されている写真だと判断されやすい。また、ルンバを開封したばかりの写真なんかも、ルンバを自腹で購入した個人のブログと思われる可能性が高い。

一端のアフィカスはこれを理解しており、個人が撮った写真をわざわざ外注したり、レビュー記事を外注する際に手に持った写真の注文をつけることもある。

.

アイキャッチ SEO

商品名 レビューで画像検索した場合、「アイキャッチ」や「記事上の写真」が上位表示しやすいまき

基本的に狙っているキーワードはタイトルに入れると思う。例えば「ルンバ(機種名) レビュー」というミドルキワードを狙っている場合、必ずタイトルには「ルンバ(機種名)+レビュー」というキーワードが含まれていると思う。

この場合、「ルンバ(機種名) レビュー」で画像検索すると、画像のタイトルやワードプレスで設定したアイキャッチか、記事の一番上に貼り付けられている写真がヒットしやすい。画像のalt属性にルンバと関係ないキーワードを入れていたり、alt属性を入れていなかったとしてもだ。

ただし、例外もあり、記事上やアイキャッチ以外の写真が上位にヒットする記事も存在する。他サイトのソースを見ても理由が分からなかったので、自分のサイトの写真の位置やaltタグをいじってると、写真が圏外に飛ばされてしまった。(ユーザーの行動が関係しているのかもしれない。)

すなわちWPのアイキャッチ画像と記事上の写真を同じにすると、そこそこドメイン力があるサイトの場合、その写真が画像検索結果のファーストビューに表示されやすい。なので、物販でレビュー記事を書く場合は、ここの写真を前述したように生活感が漂う写真にしたほうがよいだろう。

.

画像検索 SEO

競合とかぶった場合は「文字入れ」してみる

ちなみに、生活感が漂う写真が複数並んでいた場合、どの写真がクリックされやすいかというと、テキストが入った写真である。例えば、写真に「自腹購入してレビュー」みたいな明らかに購入したと思われるようなテキストが入っていたら、個人のレビュー記事を探し求めているユーザーがクリックする確率は高まるだろう。
.

クリックされやすいアイキャッチ 画像検索

比較記事の写真は2つの商品を並べて撮ったほうよがよい

「ルンバ800 900の比較」というミドルキーワードを狙ってる場合であれば、ルンバ800と900シリーズの本体を並べて撮った写真のほうがクリックされやすいだろう。競合と写真がかぶってる場合は、やはりクリックされやすいテキストを入れておいたほうがクリックされやすいだろう。例えば「3分で分かる「800」と「900」の違い」や「初心者でも分かる「800」と「900」の違い」みたいな。
.

クリックされやすいサムネイル

クリックされやすい写真は「有名ユーチューバー」の動画がhikikomori-channel.com参考になる

画像検索結果に並んだ写真がクリックされやすいポイントや工夫は、再生回数に命をかけているYouTuber(ユーチューバー)が持っているノウハウのほうが役立つかもしれない。Youtubeで商品名 レビューで検索したとき、どういったサムネイルが目につくのか?また、ついついクリックしてしまうような動画のサムネは他の動画と比べて何が違うのか?などなど、調べてみるとおもしろいかもしれない。
.