この記事は約 2 分で読めます ( 約 803 文字 )

この記事の最終更新日は 2014年2月6日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

20140205-2338

ttp://www.diytool.biz/lithiumion-battery14-4v.html

HITACHIの14.4Vだけつくってみたぞ。
HITACHIは緑だから、今回はこの前の記事で紹介したキャラクターなんとか機で緑の女子も入れてみた!
これでオタクの心を引きつける寸法よ!

20140205-23388

HITACHIの14.4Vのバッテリー一覧だろう。
いろんな容量があるから1個じゃないんだよ。

20140205-2339

んで、充電できる充電器の種類だろう。

20140205-23310

んで、そのバッテリーで使いまわせる電動工具の一覧だろ。

リチウムが主流になってから性能と耐久性があがったから、バッテリーの価格が割高になったのよ。
もうなんだかんだで10年近くたったかもしらん。

バッテリー2個+充電器1個本体の価格だとバッテリー2個のほうが本体より高いんだよ。
だから3~4万するものが、本体だけ購入すれば1万前後でおさまる場合もある。

つまり今後、他の電動工具を買うときに、最初に購入した電動工具(バッテリ付属)の会社に依存する可能性があるだろ。
だから、このページを見れば他社の使いまわせる電動工具と比較することができるから、将来を見据えることができるのよ。
これを公式で見るとパンフレットを見ないといけないしめんどい。

将来あの工具が必要になったときにB社のほうが機能や性能がよさそうだから、今回はB社の製品を選ぼうみたいな感じで役立てば嬉しいと思って作ったんだが、本当は自分のためにつくった。(おい

この学校に逝って、この資格をとれば、あの会社で働けるんだな!みたいな感じよ。

7.2V、10.8V、14.4V、18V、36Vが4社以上あるから20ページ近く増える。
今月はこのまとめで終わってしまいそうやわ。
疲れるけど、頭をつかわないから、馬鹿なおれはこういうページ作ってるほうが向いてるわ。
ようつべ聴きながら作業できるしな。

次の記事で、ニート宝くじを開催するから楽しみにしといてくれあ!