仕送り

雷かと思ったら花火だ祭

密林から紹介料(401,991+(源泉徴収約-¥32,000))が振り込まれてたからの家に10万ペリカいれたった。

最近、雷がしつこくスパークしてるから梅雨が終わる合図かと思ったら、祭りの日に打ち上げられる花火だったでござる。外界では梅雨なんてとっくに終わっていて、もう7月も終わるらしい。

屋台で好きだった食べ物は「ベビーカステラ」や「はしまき」。小学生の頃にはまってたのが「型抜き」。板状のお菓子に描かれた型を割らずにくりぬくと50円と、さらに難易度と報奨の高い色付きの型抜きがもらえた記憶がある。

そういえば、10代の暑い時期は的屋のアルバイト(副職)をしていて、祭りの現場で露店をだして食べ物や飲み物を売っていた。経験したバイトの中ではかなり楽な部類にはいり金回りもよかった。

 

的屋

①会社、地域の何かの団体
②露店専門の業者
③ヤクザでござる

ヤカラ

②露店専門の業者

露店商は他地域からやってくることもあるから、線引が非常に複雑だが、うちの地域はおおまかに上記の3種類が存在した。②は一般人もいれば、元ヤクザ、ヤクザもいる。でも一般人と変わらないような人たちなうえ組織も小さいから、基本的に①~②の人間にいちゃもんつけられても、車に「爆発するパイナップル」を1個投げれば壊滅するようなレベルだった。

ヤクザさん

③ヤクザ

③はヤクザだけど下っ端が露店をだしてたりするから、DQNが②の露店で店番していると、②と③の区別が一般人にはつけにくい。③は枝だろうがなめられたら終わりのヤクザ屋さんだし、ダークコンドルみたいな大きな組織と繋がってたりするから、一戦交えるなら「ガトリングガン」や「グレネードランチャー」を装備して、無敵のチートコードを入力したほうがいい。

(右、×、右、左、右、R1、右、左、×、△)

ネズミ

なんぞこれ

おれは②と③どちらもバイトをしたことがあるけど、食材の粉ものにハムスターみたいな小さなネズミがダイブしたり、ジュースの賞味期限が切れてたり・切れかけのものを使っていたのを見たことがある。さらに、これらは雨ざらしになるような場所に保管されてた。イカの仕入れについて行ったこともあるけど、冷凍倉庫からでてきたのは、原価がめちゃくちゃ安いイカのブロック。記憶が正しければ、これは魚の餌にするものだと聞いた覚えがある。

全ての露店商がそうとはいえないだろうが、②~③はろくな食材じゃなかったり、ずさんな衛生管理だったから、祭りの屋台で食べ物を買うなら売ってる人の顔をよく見たほうがいいだろう。全部20年近く前の話だから、今はしらんでござる。ちなみに、③はサボることはできなかった。「39度の熱があるから休みたい」と電話したら、「俺は40度あるんだが」と言われて頭がフリーズした。

DQN

ヤクザがキュレーションサイトを運営すれば痛手を追わない

ホリエモンかヒロユキも言ってたけど、ヤクザは信用がない組織だから、このような組織がワンコインライターを駆使してキュレーションサイトを運営したほうが、従来の鎬より効率がいいんじゃないかなと思った。ちなみに、市内の一部のコンビニ、中古車、携帯ショップは、社員やバイトは知らないんだろうけど③が経営してた。夜中コンビニなどの店内で酔っぱらいやDQNが騒いだりしてワヤになったときに、この輩を数人で場外にかっ飛ばしに行くバイトもした。ネットやSNSが普及してない時代の話。