この記事の最終更新日は 2014年6月27日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

20142626

アクセス

1287UU/2902PV

収益

1013円位😕

つべ 30fpsから60fps

>現在まで高いfpsにてアップロードしても内部エンコードにて30fps程度へと制限されてしまうことが囁かれてきた動画共有サイトYouTube。ついにそのYouTubeが60fpsに対応することが明らかにされました。
>これは映像クリエイター向けに情報を提供するYouTube Creatorsの公式Twitterアカウントが報告した情報で、「60FPS。我々が48および60fpsのサポートをローンチした際には、凄まじいモーションの映像はYouTube上でよりよく見えるだろう。近日中に」とツイート。
近日中にも最大60fpsをサポートすることが明言されています。
ソース:http://www.gamespark.jp/article/2014/06/27/49668.html

ぬるぬる

ええな。
30fpsだと、1秒間に30枚の画像が再生される。
60fpsだと、今の倍になるから撮った動画なんかをうpすればかなりヌルヌルになると思う。
でもこれ以上あげても、わしらの動体視力じゃスローにしないと違いがわかりにくいかもしれんな。

ちなみに犬や猫は、動体視力がわしらより優れているから、TVやPCの動画なんかはパラパラ漫画のように見えてるらしい。
鳥類の動体視力よりもっと上。
ハエはわしらの10倍も優れているし動きが速いから、フェイントをかましても捕まえることはできない。
 


HX-A500_03

Panasonic 4Kウェアラブルカメラ HX-A500

動画と言えば、最近CMで見たパナの耳に引っかけて撮るウェアラブルカメラ。
ハウツー系は自分視点で動画を撮れば、視聴者もわかりやすいかもしれんから、将来利用してみたいと思う。
新しいモデルだから割高だけど、古いモデルだと2万を切っているようだ。
この視点の釣りや山登った動画もおもしろいかもしれんな。